塗ったポリッシュを長持ちさせるコツを紹介!【マニキュア】

みなさん、こんにちは!
元ネイル業界OLのさやくまです!

ジェルネイルよりも手軽なマニキュアですが、ジェルと比べるとすぐに剥げてくるのが残念ですよね。

そこで、マニキュアでも長く綺麗に楽しめる方法をご紹介します!

ちょっとした一手間でぐんと持ちが変わるので、ぜひお試しください!

マニキュアが落ちる原因は

マニキュアが剥がれてしまうのにはいくつか理由あります。

・爪先をよく使う
 ⇒爪先が剥げてしまう

・ケア不足・油分の除去ができていない
 ⇒爪の根元から剥げてしまう

・アルコール消毒により溶けている
 ⇒ツヤが無くなってしまう

これだけが原因というわけではありませんが、これらの原因を対策すれば、いつもよりも持ちが良くなることが期待できます。

それでは1つずつ対策をご紹介します。

マニキュアの持ちをよくする対策

爪先がハゲてしまう

これは1番よくあるポリッシュの取れ方だと思います。爪先が欠けるとどんどん欠けた範囲が大きくなっていって汚くなってしまいます。

でも、普通に生活を送っている限り、爪先を全く使わないということは不可能ですので、塗り方で対策をしていきます。

対策方法

・エッジ(爪先)部分まで塗る
・爪先にラメを塗る

1つずつやり方をご紹介します。

エッジ(爪先)部分まで塗る

ベースコート・カラー・トップコートの全てを爪先を覆うように塗りましょう。

塗り方は、まず手を裏返して爪先から塗り、その後手を返して表面を塗っていきます

爪の表面からエッジ(爪先)を塗ると綺麗に塗れていないことが多いので、必ず手をひっくり返して塗り残しが無いようにしましょう。

爪先にラメを塗る

カラーの中でも、ラメは非常に落ちにくい特徴があります。
それを活かして、爪先にラメを少し塗っておくだけで持ちがよくなります。

さやくま
さやくま

ラメの色味が嫌な方は、カラーと同系色のラメを塗れば気にならないですよ

根元から剥げてしまう

甘皮の処理が上手くできていなかったり、爪が乾燥していると爪の根元からカラーが剥げてしまうことがあります。

こちらも一部分が欠けるとどんどん欠けた部分が広がるので、しっかり予防しておきましょう。

対策方法

・甘皮の処理をしっかりする
・皮膚に付かないように塗る
・爪の根元にオイルなどを塗って乾燥対策をする

ネイルケアをしっかりすることと、塗り方に気を付けるだけで根元からの剥げは防げます。
皮膚に付かないように塗るには甘皮のケアが必須なのでしっかりとケアしてからポリッシュを塗りましょう。

簡単にできるネイルケアについての記事はこちらをご覧ください

ツヤが無くなってしまう

最近はエタノール消毒をすることが増えたので、お悩みの方は多いのではないでしょうか?

実はエタノール(アルコール〉にはポリッシュを溶かす成分が含まれているので、頻繁に爪に当たるとポリッシュが溶けてしまいます。

さやくま
さやくま

エタノールはリムーバー(除光液)ほどではないものの、オフにも使うことができる溶剤なんですよ!

表面が溶けてしまうとツヤが無くなるだけでなく、ポリッシュが剥げる原因にもなりますので、しっかりと対策をしておきましょう!

対策方法

2~3日に一度、トップコートを塗り重ねる

トップコートを塗り重ねることでツヤを出す以外にも、カラーが剥げてしまうのを防ぐ効果もあります。

さやくま
さやくま

爪先の欠けや根元からの欠けの予防にもいい方法なので、ポリッシュを塗る方は是非やっておくといい対策の一つです!

欠けてしまったときの復活方法

カラーポリッシュが欠けている部分がある場合は、できるだけ欠けている範囲が小さいうちに修正しましょう。

やり方

1.表面をサッとリムーバーで拭き取る(トップコートだけを取るようなイメージで)
2.欠けている部分にカラーポリッシュを塗る
3.一面にカラーポリッシュを塗る
4.トップコートを塗る

これで完全に取らなくても、綺麗に復活します!

最後に

今回はポリッシュを長く楽しむためのコツをご紹介しました。

ジェルより時間がかからず手軽とはいっても、たった数日で落ちてしまうのはショックですよね。
上手く対策をすれば、爪が伸びるまでの2週間ほどは十分楽しめるので、ぜひ普段のネイルにこの方法を取り入れてみてくださいね!

コメント