生後0ヵ月4週目の赤ちゃんの様子は?

娘はちゃんと成長しているかな?今だとミルクはどのくらい飲むのかな?と色々検索しますが、ネットには1ヵ月単位でしか情報が載っていなくてよく困っていました。赤ちゃんが小さい頃は、たった1日でも大きく成長するので細かく様子が伝わればいいなと思います。成長のスピードは子どもによって全然違うと聞きますので、あくまでもうちの娘の成長記録ですが、参考程度にでもなればいいなと思って記録してみます!

今回は、0ヵ月4週目の様子を記事にしてみました。

赤ちゃんの体重はどのくらい?

0ヵ月の赤ちゃんは1ヵ月目までに約1000g増えるため、日増は25g~30gが平均とされています。
母乳かミルクで増える量は変わってきますので、排泄がしっかりとあり、順調に体重が増えていれば問題ありません。

生後1ヵ月の赤ちゃんの平均体重
男の子 3.00~5.17kg
女の子 2.90~4.84kg

平成22年厚生労働省発表「乳幼児身体発育調査」
さやくま
さやくま

【娘の場合】

生後1ヵ月で1050gの増加だったので、見本のような成長度合いでした!

この頃は全く体重をはかっていなかったので、健康そうにしていればいいかな?と思って育てていました。

母乳・ミルクの量は?

母乳でもミルクでも基本は3時間おきに与えるべきとされています。
この頃の赤ちゃんは満腹中枢が機能していないので飲みすぎることもあります。
多く吐き戻すようであれば、量を調節してあげましょう。

母乳の場合

1日8~10回程が目安とされていますが、1回に飲める量には差があるため、1日12回以上の頻回授乳になることもあります。
また、頻回授乳を行うことで母乳の出もよくなります。
母乳はどれだけあげてもいいので、欲しがっていれば与えるようにします。

ミルクの場合

1回100~120mlを1日6~8回程が目安とされています。
母乳に比べて消化が遅いため、必ず3時間あけて与えるように指導されますが、最近はミルクでも頻回授乳していいという指導に変わってきているようです。

さやくま
さやくま

【娘の場合】
授乳回数は1日8~9回(直母6回、ミルク100ml×2~3回)でした。

乳頭保護器なしで飲めるようになって、母乳の飲める量が多くなった気がします。
そのおかげで授乳間隔も開くようになりました。


母乳にミルクを足す必要がなくなったので、「母乳のときは母乳だけ」「ミルクのときはミルクだけ」と分けてあげるようにしたので楽になりました。

排泄の回数は?

うんちの平均回数は2~10回程です。
一般的に、ミルクで育つ赤ちゃんより母乳で育つ赤ちゃんの方が、うんちの回数は多くなるといわれています。
この頃からだんだんと赤ちゃんによってペースが決まってきます。
2~3日に1回しかでない赤ちゃんもいますが、機嫌が良く、うんちの硬さや色に問題がなければ気にする必要はありません。
また、おしっこが少ない場合は哺乳量が足りていない可能性があります。

さやくま
さやくま

【娘の場合】
この頃からうんちの回数がグンと減って、回数も安定してきました。
その分うんちが出ない日は苦しそうにしていることもありました。

排泄の回数 おしっこ→7回、うんち→2~3回

できるようになったこと

生活リズムができてきた
さやくま
さやくま

【娘の場合】
いつもこの時間帯はご機嫌で起きているな~というのが決まってきました

夜も毎日5時間まとめて寝るようになり、一気に楽になりました。

その他、気になったこと

カフェインの摂取は大丈夫?

コーヒー1,2杯程度であれば摂取しても問題ないとされています。
摂取後30分~60分の母乳が一番影響が出るため、カフェインを含む飲み物は授乳後に飲むようにした方がいいようです。

さやくま
さやくま

【娘の場合】

紅茶を飲んだ日は睡眠時間が減って機嫌が悪くなるということに気付いて、紅茶は控えていました。

ただ、コーヒーを飲んだときは特に影響がなかったので、娘のように飲み物の種類によって影響が変わる赤ちゃんもいるかもしれません。

1ヵ月検診は何を見られる?
さやくま
さやくま

【娘】

・身長・体重などの測定
・股関節がよく開くか

【ママ】

・子宮の状態(内診)
・子育ての質問

娘は生まれてから肌の乾燥以外、気になる点がなかったので軽くチェックして終わりました。

気になることを医師に聞くチャンスなので、質問したいことをまとめておくといいと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?
1ヵ月検診が終わり、私の体もすっかり元気になったのでやっとお出かけできると喜んだのを覚えています。
この頃までは検診もあり、発育の差も少ないのでとにかく睡眠時間が確保できていれば順調に過ごせていました。

これから成長するにつれて悩みもどんどん増えますが、それ以上に可愛くなってくるので、今の一瞬も大事にしつつ、育児を楽しんでいただけたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました